牛久市について

 

さっそく、前回の続きです(^^)

 

o0800060013279113341

●牛久市の地名の由来●

 

諸説あるようですが、龍ケ崎市の金龍寺に

「怠け者の小僧が牛になってしまい、沼に身投げをした。

 

そこから『牛を沼が食った』『牛食う沼』と変わり、

その沼が牛久沼と呼ばれるようになった」

という昔話が伝わっており、

この伝説が沼の名の由来・地名の由来ともに

諸説の中で一般に支持されてきたようです。

 

 

そして、この牛久沼には昔から河童伝説がありますが、

河童を牛久沼周辺の木に縛りつけたが、

かわいそうになって逃がしてあげたら、

草刈りをしてくれた・・・など様々な伝説があるそうです。

 

 

鰻丼はこの牛久沼が発祥の地と言われており、

現在でも牛久沼周辺には鰻料理店が多いですね。

 

 

牛久市の公式キャラクターは

ラーシク』といいます。

 

 

『市民がそれぞれに自分らしく生きること、それが結果として牛久のまちを輝かせる。』

 

そんな意味が込められたネーミングになっているようです。

 

 

それから牛久市には、いろいろな愛称でよばれている通りが存在しています。

●ぶどう園通り

○シャトー通り

●ふれあい通り

○中央通り

●けやき通り

 

などなど。

 

 

そして、はなみずき活法整骨院のある通りは、

花水木通りとよばれています。

 

 

ふれあい通り、中央通り、けやき通りは、

2003年に市民からの公募で、

通りの名前が決定されたそうです。

(市役所に直接問い合わせしました^^)

 

 

牛久シャトーのあるシャトー通り、

以前はぶどう園があったのでぶどう園通り、

側道に花水木の樹が植えられているので、

花水木通りという愛称でよばれ、

親しみ続けられているようです。

 

 

牛久市のことを調べていると、

さらに愛着がわいてきますね(^^)

 

 

これからも治療を通して牛久市の地域貢献できるよう

日々の診療に当たらせて頂きます。

 

 

どうぞ、今後ともはなみずき活法整骨院をよろしくお願いいたします。

 

http://hanamizuki-seikotsuin.com/

 

 

お問合せはこちら

お問合せ電話番号029-896-8225

メールのお問合せ

トップへ戻る